プレッピースタイルをテーマとした《2022 秋冬コレクション》登場!

MENU

Bonpoint Boutique

BONPOINT NEWS


《ボンポワン》×《カリモク》キッズチェアが登場




日本の木製家具メーカーとして80年以上の歴史をもつ<カリモク>とのコラボレーションキッズチェアが誕生しました。

手掛けたのは同社の中でも「家具の新たなスタンダード」を掲げ、
国内外から選ばれた有数のデザイナーによる先進的なデザイン、職人の優れた製造技術、サステナブルなものづくりを融合させたブランド

軽く、コンパクトなこのチェアは、5脚までスタッキング可能な機能性と、緻密に設計された背もたれと後脚、接合部の安定による快適な座り心地を実現。
生産者へのフェアトレードと環境負荷軽減を目的に、家具への使用には手間がかかる小径木の細い国産のナラ材をあえて選択しています。

自然な木目と調和したピンクホワイトの美しい本体にメゾンのアイコン<チェリー>をあしらい仕上げられた椅子は、
お子さまのキッズチェアとしてはもちろん、インテリアとしてもおすすめです。

【販売開始時期】
2022年7月1日(金)

【展開店舗】
銀座店/代官山店/オンラインストア(チェリーメンバー限定)
※オンラインストアは7月1日(金)10:00より販売いたします。
※お品切れの際は、銀座店/代官山店にて8月31日(水)までご予約承ります。

【価格】
57,200円(税込)

【サイズ】
幅32cm、奥行36.5cm、高さ53.5cm
座面高:30cm

【素材】
主材:ナラ、ナラ突板成形合板

【天然素材を使用】
カリモク家具では天然木ならではの節や木目、虎斑(とらふ)、材料の色の個体差などを総称して「ナチュラルマーク」と呼んでいます。
ではこうした木材の自然な色合いや木目のゆらぎ、節などを個性として積極的に取り入れ、高品質な家具を生み出しています。

【材料の国産広葉樹について】
日本は世界3位の世界有数の高い森林率を誇る森林大国でありながら木材の自給率は低く、自国の森林資源を十分に活用できていません。
家具用材として活用されている広葉樹はとくに手入れが行き届いておらず、細すぎたり曲がっているなど家具用材として決して使いやすくない木々が多くあります。
こういった木材は、これまでは主に紙パルプ原料のチップとしての利用が多く、広葉樹がもつ本来の価値に対して有効な利用がされているとは言えませんでした。
カリモクでは、広葉樹のサステナブルな活用、さらに森林保全や林業地域の活性化を目指し、
あえて国産の広葉樹を材料として使い日本の森林の現状や国産材の魅力を発信し続けています。
木目や色柄など、天然素材ならではの表情や風合をお楽しみください。

ARCHIVE

もっと見る

WELCOME TO BONPOINT

ニュースレターをご購読いただくと
オンラインストアでご利用いただける送料無料クーポンをプレゼントいたします

THANK YOU

ご購読ありがとうございます
ニュースレターの登録が完了しました

オンラインストアで今すぐ使えるクーポンを
メールアドレスにお送りしましたのでご確認ください