Bonpoint Boutique

ヴォーヴナルグ


プロヴァンスの日差しほど温かく降り注ぐものはありません…。

パブロ・ピカソの歩みを辿ってみた時に、彼にとってのミューズ的存在は彼の妻や子どもたちでした。
彼らの夏の暮らしには太陽とポピー畑が広がります。刺繍のドレスやエスパドリーユはギンガムやダンガリーのストライプに包まれ、
しぶきのようなペイントが所々にあったり、チェリーモチーフのクローシェ編みも。

コットンやライトなトワル、サマーリネンなどの素材がアブサングリーン、勿忘草色、トマトレッドなどのカラーパレットで登場します。
様々な色やサイズのエクスクルーシブなリバティプリントやギンガムを組み合わせ、新たにスカートを形づくります。

ジャクリーヌ・ピカソのように晴れやかに輝き、子どもたちと一緒に出るホリデーでは、ペチコートとエプロンドレスをレイヤーしたり、
お洋服と一緒に旅を楽しみます。ストライプのバミューダショーツにはセーラートップスとジャケットを。

”子どものように描くには一生かかる。” というスペインの巨匠の言葉を胸に